ドラクエ映画スタッフ&声優キャスト(アルス・幼少期追加)とコメント一覧!

映画・舞台

1992年発売のドラゴンクエストⅤ~天空の花嫁~が27年経って3D映画化となりました❤

豪華声優陣とドラクエファンには嬉しい歴代のスタッフがその魅力を語ってくれてます♪

佐藤健❤ドラクエ❤にとっては最高のキャスティング。

映画館に行く前にぜひ読んで欲しい!

ドラクエ映画 スタッフ

原作・監修 堀井雄二

ドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二さん。

今度は“親子三代の物語”を描こうと思い立ち、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』に着手しさらにプレイヤーに“本当に悩んでもらいたい”と、もうひとつのテーマを掲げていた。

それが“天空の花嫁”というサブタイトルにもある、プレイヤーが“結婚相手を選ぶ”という衝撃の展開が生まれた理由。

一人の人間が子どもから青年へと成長し、そして親となり、自分の子どもが魔王を倒すという人生そのものを描きました。映画とゲームでは違っている部分もあるけれど、それがこの『ユア・ストーリー』というタイトルにハマっていると思います。昔からドラゴンクエストを愛してくれているファンの方にも観てもらいたいですし、まだドラゴンクエストを知らない人にも観てもらってゲームに触れてもらえたら嬉しいですね。      公式HPより

TBSラジオで「ドラクエ」以外のやりたいことを聞かれ「勇者の墓を作りたい」と語った。バーチャルではなく現実の世界で巨大な建造物であるお墓を作って共同墓地にしたいんだとか。

音楽 すぎやまこういち

なんと御年90歳!音楽一家に生まれ育ったものと思ってましたが、元フジテレビ職員!退社後フリーのディレクターとして活動中にエニックスから依頼を受けて作曲に参加。

当初ロック調で依頼を受けたが、ゲームの世界観からクラシック調がふさわしいと主張し、あの名作「序曲」は5分で作曲したというのは有名な話ですよね!

本人もゲーマーのようで、全てのキャラをレベル99まで上げるらしい(笑)

好きなモンスターはシルエットが指揮者みたいで可愛い「ドラキー」なんですって♪

総監督・脚本 山崎貴

ALWAYS 三丁目の夕日 シリーズや、STAND BY ME ドラえもんを手掛けた山崎監督。

沢山のドラクエファンに取材をおこなったそうなので、原作に忠実な脚本であることは間違いないでしょう。ドラクエ愛は強いもんね♪

「ドラゴンクエストⅤ」の中には人生そのものが描かれています。

是非ドラゴンクエストに触れたことがない人たちにも観てもらいたいです。この映画で「こんなに凄い世界があるんだ!」と感じてもらい、この映画をきっかけにゲームに触れて頂く。そんな“ドラゴンクエストワールドへの入り口”の役目も果たせたら嬉しいです。  公式HPより

キャラクターデザイン

残念ながら鳥山明さんじゃないんですよね(T_T)悲しぃーーー。

ドラクエⅥからは鳥山明さん以外のデザイナーが入り分担しはじめ、Ⅸからはモンスターデザインを完全に引退。キャラだけとなりました。うっうっ。

 

ドラクエ映画 声優キャスト

佐藤健:主人公「リュカ」

試写会の後「感動し過ぎて、最後は立てなくなりました」と語った主人公リュカの声を吹き込んだ佐藤健さん。

ドラクエとの思い出を聞かれると「はぐれメタルをいかに倒すか」と即答。

プロポーズのシーンは「難しいシーンだった。そのシーンを見たときはエモかったですね」と振り返った。

その佐藤健さんもゲーム上ではビアンカ一押しでした❤

でも『ビアンカ派、フローラ派どちらも満足させる結末なんて存在しないと思っていましたが……、存在しました!』とのことなのでとりあえず安心して観れるかな?

ドラゴンクエストの主人公の声を務めさせて頂くということで責任重大なわけですが、どうなのでしょう、不安です。しかし佐藤なんかに任せてらんねえよという方にも是非この映画を観に来て頂きたいのです。何故ならこの物語の主人公は僕が演じた“リュカ”ではなく、紛れもなく今の時代を生きる“あなた”なのですから。           公式HPより

大西利空:主人公「リュカ」幼少期 ★追加

キングダム:信(幼少期) 役にも出演している利空くんは2006年5月16日生まれの15歳です!

可愛い幼少期の主人公を見事に演じてくれてました❤

有村架純:ビアンカ

実際に出来上がった絵を観ると、物凄く迫力があって、壮大なアニメーションになっているので、アフレコしている時にモニターを観ているだけでこちらも息が上がるような感覚がありましたと話す有村架純さん。

ビアンカって主人公をひっぱっていくタイプの女の子ですが、本人もそこは意識されたそうです。

あの元気いっぱいのキャラをどう演じられているのか観るのが楽しみ❤

波瑠:フローラ

佐藤健さんはビアンカ役の有村さんにいろいろアドバイスされていたようですが、私は助言いただいたことがない・・とポロっとこぼしていましたw

普段演じているお仕事以上に、こういう作品だと自分の声というのは本当にごく一部なんだなと思いました。キャラクターの表情や感情に出来る限り沿いたいと思いましたと。

そこがアニメ映画の醍醐味ですよね。

 

内川蓮生:アルス(天空の勇者) ★追加

リセッシュのCMや黒執事の舞台で活躍している蓮生くんは2004年6月22日生まれの17歳です。

演技力が素晴らしい❤

坂口健太郎:ヘンリー

にっくきヘンリー役の声は坂口健太郎さん。

わがままな王子だったヘンリーが、大人になって立派な姿になる。そこを声で表現するのが難しかったとのこと。

その坂口さんはなんとフローラ派! フローラ派の人初めて見たかも‥‥。

やっぱり男性は黒髪で清楚でか弱い女性に弱いんでしょうか・・・?

山田孝之:パパス

父ちゃん役に山田孝之さん!ちょっとびっくりする配役でしたね。

ファンではないけれどもw好きな俳優さんなので、号泣するか、山田さんの顔がちらつくかどちらでしょう(笑)

最初にパパス役と聞いた時は嬉しかったのですが、偉大で、強くて、とても頼りがいのあるお父さんが自分の目の前でいなくなってしまう、その感動を与えなくてはいけないということと、ここから物語が一気に加速していくのでプレッシャーが大きかったです。

きっと素敵なパパスを演じてくれてるでしょう!

そんな山田孝之さんはずっと「ビアンカ」らしいです。一途だ❤

ケンドーコバヤシ:サンチョ

ケンコバさん演じるサンチョも必見ですよね。見るからに人良さそうですもん。

ケンコバさんも「絶対ビアンカ!」ですって♪

山寺宏一:すらりん

主役の佐藤健さんの次に嬉しかったキャスティングです♪ここにきて声優界で有名な山寺さん登場!

あの愛らしく可愛いすらりんを演じてくれるなんて❤

どちらを花嫁にするかのTwitter投票では、ビアンカが圧勝だったみたいですよ❤映画ではなにか違う気がしますけど。。。どちらでも納得のいくストーリーらしいので、そこに期待ですね♪

コメント